歯周ポケットの検査を受けましょう

最近は歯医者に行くと、特に初めての歯医者の場合は歯の検査の際に歯周ポケットの検査もしてくれることが多いです。

昔はほとんど知られていなかった歯周ポケットと呼ばれる存在は、ここ数年でテレビCM等の効果によって広く知られるようになったと思います。

歯周ポケットというのは、歯と歯茎の間の溝のことを指しています。一見歯と歯茎は密着しているように見えるけれど、実はわずかな溝が存在しています。

これは誰にでもある溝なわけですが、その深さは歯茎の状態によって変わります。歯周ポケットが深くなると汚れが溜まりやすくなり、口内の衛生状態に大きな影響を与えてしまうのです。

一般的には、歯周ポケットの深さは2mm以下が望ましいとされています。これよりも深い場合歯茎に炎症が起きているか、実際に歯周病になってしまっている可能性が高くなります。

歯周ポケットが深くなると歯の衛生状態を維持することが難しくなります。というのも、歯周ポケットに汚れが溜まって歯茎の炎症などの悪影響を引き起こす為です。歯茎の炎症が起こればますます歯周ポケットは深くなり、更に汚れが溜まりやすい状態になってしまいます。

つまり、深くなった歯周ポケットは歯茎の炎症と歯周ポケットの深化という悪循環を引き起こしてしまうのです。これを避ける為には、定期的に歯医者に通って歯茎の健康状態もチェックしてもらうのが一番です。

投稿ありがとうございます。歯周ポケットの検査ってあるんですね。お恥ずかしい話、歯周ポケットの深さと歯の衛生状態が関係しているのも知りませんでした。でも納得です。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

kengo

当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。