差し歯治療体験記 01 ~ 先生、てめぇ!

 
「マジかよ!!」

その時、
僕は地元の歯科医院にいた。

渡された手鏡を凝視しながら
ただただ唖然としていた。

理由はコレ。

保険の仮歯

これは
差し歯治療の仮歯。

そう、僕は今、
前歯の差し歯治療をしている。

だけどこの仮歯を
装着させられた時には
心底後悔した。

だって酷いもん(笑)。
いや、もう笑うしかない。

仮歯だからといっても
流石に酷すぎじゃない??

マジですか?って。
保険治療の仮歯はこんな酷いの??

しかもタイミングが悪い。

週末には通っていた
大学のゼミ仲間と
10年ぶりに会う予定なんだよ!

 

「あー、ちょっと酷いなぁ。」

先生が笑いながら言う。

いやいやいや。
その酷い仮歯を作ったのは
アンタでしょ!!!

そう言いかけたけど
小心者だから言えるわけない。

だけど心の中では怒ってた。

オイ!
笑っている場合じゃねぇぞ!!!

そんな本音を隠しつつ言った。

『いやぁー・・・ちょっとコレ
何とかなんないっすか?
ちょっとコレは・・・。』

それが精いっぱい。

だけど先生は相変わらず笑ってる。

「ゴメンねー!
1週間だけだから我慢して(笑顔)」

そう繰り返す先生に
それ以上何も言えず
僕は沈黙したまま家に帰った。

マジで泣きそう。

 
>>差し歯治療体験記 02 ~ こんな仮歯じゃ恋もできない
 

SPONSORED LINK

4 件のコメント

  • こんにちは。
    とても参考になるHPありがとうございました!
    差し歯の根元は金属が出てしまっているし歯茎は黒ずみ差し歯は変色してるし、長い間歯を出して笑えませんでした。
    しかしこのHPを見て、数十年前にした差し歯を変える決心をしました。
    今は三ヶ月の通院を終え、無事綺麗な差し歯にしてもらいました。電車の窓にニッと笑い、窓に映った綺麗になった歯にうっとりする毎日です。大満足です!もっと早くにすればよかった!
    kengoさんありがとうございました!!!

    ただ、差し歯を直した後、差し歯横の犬歯を保険で治そうとかかりつけの歯医者に行ったところ、差し歯を替えたことに気づいた医師に「差し歯を治療した歯科医でやってください。ぼくはやりません」と治療拒否されてしまいました。「指し歯は審美歯科で治したけど虫歯は保険で治したい」とお願いしたのですが‥‥涙。
    事前に承諾取るべきだったんですかね。歯科医みんながみんな、飯塚先生のように差し歯は保険外、軽度の虫歯は保険で、と快く治療してくれる歯医者ではなかったようです。残念です。

    • ずんさん

      コメントありがとうございます!

      治療拒否の話に驚きました。やっぱりそういう歯医者さんいるんですね。すごく残念ですよね。もしかしたら合理的な理由があるのかもしれませんが、それを患者さんに説明できていない時点でその歯医者さんはダメだと思います。医者は治療技術だけじゃダメだと思います。

  • ケンゴさん。
    とても参考になる記録でした。
    歯列矯正を20年前に行い、全体的に歯が奥に入ってしまった感じが気になり、前歯の4歯か6歯をセラミック にと考えておりました。近くの医院では4本で75万、6本で100万超えでした。。普通の歯医者さんなのですが、先生には相談はできず、歯科衛生士さんとプランナーさんみたいな人とお話しながら進めていくようです。一つご質問がございます。そこでは私の場合、歯列矯正をしているので前歯の神経は残してセラミック を被せることが可能とのことでした。ですが、セカンドオピニオンで虫歯治療とともに訪ねた医院では神経は取らないとダメとのことでした。その理由は神経を抜かないととてもしみる、またその先生のご家族の方が神経を残してセラミック にしたことがあるようで、神経を残したことが災いで、歯の根っこから菌が入り膿んでしまい、また外して神経を抜いて治療しなおしたとのことでした。それではお金もまたかかるし、神経はとるしかないとのことでした。
    ケンゴさんは神経は抜かない部分もありましたか?また、削るときにはやはり神経に近くなればとてもとても痛みがありますでしょうか。セラミック をいれてからしばらくはしみましたでしょうか、
    ずっと悩んでおり、昨日やっとこのサイトに出会えたので不躾な質問失礼いたします。。

  • ケンゴさん
    こちらのサイトに出会えて光栄です。
    私は20年前に歯列矯正をしており、前歯全体が奥に入り込んだ感じが気になり、前歯を差し歯にしてボリュームをもたせたいと歯科医院を訪ねました。すると、4本だと75万、でも犬歯との段差ができると菌がつきやすくなるので6歯を交換した方がよいとのことで100万を超えてました。
    そこでは医師の方がとてもお忙しく、確かに患者さんもたくさんおり、最新の機器などもあるので理想的にみえるのですが、虫歯治療にしても歯科衛生士さんとお話して、それを医師の方に伝えて治療する。患者と先生が直接お話したり相談ができるような時間がほとんどないくらいのお忙しい先生でして、そこも不安でした。
    なので、セカンドオピニオンとして他院を訪ねるとそこではセラミック は神経を抜かないといけないとのことでした。先生のお考えでは神経は歯にとっては残した方がよいけれども、もしセラミック にするのであれば、確実に歯がしみてしまう、あとは先生のご家族で神経を残したままセラミック にしたら隙間から菌がはいり、化膿して大変だったそうで、結局また同じ金額を出して神経をとり、セラミック をつけなおしたそうです。そうなることが予測されるから最初から抜きます。とのことでした。でも、神経を抜いた歯は枯れ木と同じと言われているので不安で。。。先生の歯にも神経がない歯がたくさんあるよ、大丈夫とのことで少し安堵感はこざいました。歯列矯正もして、なおかつのセラミック となるとお金もかかることですし、その場しのぎの歯ではなく、先のことも考えたいのですが、お尋ねさせてください。ケンゴさんは神経を残した歯もございますよね。その判断はどこで決められたのでしょうか。また、神経を残したところは小さく削った際に神経に近づくととてつもない痛みがはしりますでしょうか。あと、セラミック を入れたあともしみたりしてましたでしょうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    kengo

    当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。