瀬戸大也選手の前歯や歯並びを批評(歯・顔の歪み)

瀬戸大也

2016年に開催されたリオデジャネイロオリンピック男子400m個人メドレーで銅メダルを獲得するなどした競泳選手、瀬戸大也さん(せとだいや / 生年月日:1994年5月24日)の前歯や歯並びを私見たっぷりに批評いたします。

瀬戸大也選手の前歯について

瀬戸大也 歯並び

瀬戸大也選手の前歯ですが、基本的にはキレイなんです。一般的な感覚で言えば歯並びは整っていますし、歯も白く清潔感があります。ただ、ぼくが最も気になったのは歯が向かって右に寄っていることです。

瀬戸大也 歯並び

上は鼻先を中心に置いた画像です。前歯が全体的に向かって右方向にズレているのがわかると思います。

瀬戸大也 歯

もっと言うと顔(特に顎)も左右でズレが生じています。片側の奥歯がない状態が続くと歯がズレてくることはあります。そこまでじゃなくても噛み合わせに問題があるのかもしれないと思いました。

瀬戸大也 前歯

歯は上下でセットとなっての噛み合わせが重要です。噛み合わせがズレていると運動パフォーマンスにも悪影響がでます。杞憂かもしれませんが、噛み合わせについて歯科医師にチェックしてもらったほうがいいかなと思いました。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

kengo

当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。