越智志帆さん(Superfly)の前歯や歯並びを評論

Superfly(スーパーフライ)名義で活躍している越智志帆さん(おちしほ / 生年月日:1984年2月25日)の前歯や歯並びを画像を交えながら紹介しております。

越智志帆さん(Superfly)の前歯について

越智志帆(Superfly) 歯並び

越智志帆さんの前歯ですが歯並びが乱れています。

superfly 前歯の写真

左の糸切り歯(犬歯)が八重歯気味なのと中切歯(中央の2本の歯)が左右ズレて生えているのが特徴的です。特に中切歯は最も目立つ歯なので審美歯科治療をすると良いのかなと思います。

superfly

とても素敵な笑顔ですね。

追記:越智志帆さん歯並び変化なし

2018年4月18日に越智志帆さんが「フジファブリック」の金澤ダイスケさんと結婚したとの報を受け、改めて前歯をチェックしてみました。

Superfly越智志帆 前歯

歯並びに変化はないようです。

Superfly越智志帆 歯並び

またコメント欄よりリクエスト頂いていた下の歯の歯並びですが、乱れているようでした。側切歯が舌側に転位していますね。

SPONSORED LINK

10 件のコメント

    • もちろん可能ですよ。差し歯は自分の歯を削り土台にして人工歯を被せる治療法です。越智志帆さんの場合は前歯6本を削る必要がありそうです。歯列矯正では多少なら顎の土台部分を拡張できますが、越智志帆さんの場合は歯を並べるスペースを確保するために抜歯が必要になるかもしれません。

  • 下からのアングル(奥歯まで見える)の写真ですとあちこち向いて生えているのが分かり歯並びの悪さが分かります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    kengo

    当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。