桂雀々さんの前歯や歯茎を批評(ガミースマイル)

桂雀々 落語家

今回は落語家の桂雀々師匠(かつらじゃくじゃく / 生年月日:1960年8月9日 / 本名:松本貢一)の前歯や歯並びを批評いたします。

桂雀々さんの前歯について

桂雀々 前歯

桂雀々さんをテレビで拝見したのですが、気になる前歯をされていました。これは僕が前歯を気にしているからってこともありますが、一般の人も気にするレベルだと思います。

桂雀々 歯茎

桂雀々さんはガミースマイル(笑顔で歯茎が大きく露出)ですね。中切歯(中央の二本の歯)と右の側切歯(中央から数えて2本目の歯)の3本が人工歯じゃないですかね。ブリッジかもしれませんね。

桂雀々 歯

桂雀々さんはもういい歳ですし職業柄、今から審美歯科治療をすることは難しいと思います。とはいえ桂雀々さんのような前歯の持ち主でも今の最新技術をもってすれば美しい前歯にリニューアルできます。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

kengo

当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。