歯医者嫌いを克服する方法

「歯医者さんへの苦手意識を克服するには、どうしたら良いか?」というのは、私自身、子供の頃からありました。それは、治療する際、あの「キーン」という音と共に、するどい痛みが生じることが原因でした。

 しかし、その苦手意識も、最近では克服できました。それは、何故かと言いますと、やはり治療によって、口の中の違和感のようなものが改善され、いつもすっきりとして、変なストレスを感じなくなったからだと思います。

 ただ、あの「キーン」という音を聞くたびに、毎回、緊張することだけは、変わりません。治療中は、目を硬く閉じていることがありますが、自分で、そのことに気づくと、「先ず、顔をリラックスさせよう」と思うようにしています。次に、身体がこわばっていることに気づくので、身体の余分な力を抜くようにします。それだけでも、恐怖感は軽減します。後は、歯医者さんとのコミュニケーションが大切です。「歯医者さんが嫌い」という風になってしまっては、苦手意識の妨げにもなります。ですから、歯医者さんとうまくコミュニケーションをとるだけでも、精神的に楽になる部分もあるのです。

 その他には、待合室で、順番を待っている際に、何もしないでいると、緊張が増すので、適当に本や雑誌に目を通しているだけでも、緊張感はほぐれます。

 ここまでの話が参考になるかどうかは、わかりませんが、一度、お試ししてみることをおすすめいたします。

貴重なご意見ありがとうございました。僕も歯医者さんが苦手なのでとても参考になりました。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

kengo

当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。