良い歯医者さんを10年かけて見つけた

私はこの10年で近所の歯医者をはしごしてきました。

でも2年ほど前から行っている歯医者さんがようやく自分には向いているなと思いました。その歯医者さんは60歳くらいの男性の先生なのですが、兎に角何でも質問に答えてくれますし、話し方が穏やかなのです。それに私が1番苦手な麻酔の仕方がとても痛くないのです。

10年ほど前に、知人の紹介で耳鳴りには歯をセラミックにしたほうがいいと言われて、銀歯を全部抜かれてセラミックにしてもらった歯医者に通っていたことがありました。

そこの歯医者に1年間かよってセラミックにしましたが、結局は自費で50万円以上のお金を払ってセラミックの歯にしたものの、この10年間でそのセラミックの歯のほとんどが割れてしまったんです。

結局はセラミックの歯は銀歯に変えてしまっている状態です。

セラミックの歯にしても、耳鳴りだど治りませんでした。私はその高級な歯医者を紹介してくれた知人とは縁を切りました。

その知人は色んな人とつながっていて、その歯医者をいろんな人に紹介しているようでした。

今通っている歯医者さんでは、セラミックよりも金属のほうが長持ちするといってくれています。今後も現在の歯医者さん以外に通うつもりはないですね。

貴重な経験をお伝えいただき誠にありがとうございます。良い歯医者さんと出会えてよかったですね。でも耳鳴り改善にセラミック差し歯が良いというのは初耳でした。そのセラミックも割れてしまったとのことですが、昔のセラミック差し歯は割れやすかったと聞いているので納得しました。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

kengo

当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。