長友佑都選手の前歯や歯並びを批評

長友佑都 サッカー日本代表

トルコリーグのガラタサライ所属で日本代表のサッカー選手、長友佑都さん(ながともゆうと / 生年月日:1986年9月12日)の前歯や歯並びを私見たっぷりに批評いたします。

長友佑都選手の前歯について

長友佑都 歯

昨日は2018ワールドカップのコロンビア戦でしたね。日本は見事に勝利したわけですが、試合後の長友佑都選手のインタビューで前歯が気になりました。

長友佑都 歯並び

左の中切歯(中央の2本の歯)なんですが、右の中切歯との接点が変色していました。恐らく虫歯治療の詰め物が古くなって変色しちゃっているのだと思います。

長友佑都 前歯

歯並びに関していえば、左の側切歯(中央から数えて2本目の歯)が少し捻転しているようですが、基本的に整った前歯だと思います。長友選手の前歯を見てマイナスの印象を抱く人は少ないはずです。ですから一番目立つ中切歯を審美歯科治療するとより奇麗な前歯になりますね。

SPONSORED LINK

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    kengo

    当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。