白鵬翔さんの前歯や歯並びを批評

白鵬 横綱

大相撲力士で第69代横綱の白鵬翔さん(はくほうしょう / 生年月日:1985年3月11日 / 所属:宮城野部屋 / 本名:ムンフバティーン・ダワージャルガル)の前歯や歯並びを私見たっぷりに批評します。

白鵬さんの前歯について

白鵬 笑顔

横綱・白鵬の前歯ですが、笑ったときに見える左右の犬歯がちょい存在感強めですね。とはいえ八重歯には至っていません。

口蓋側転位(こうがいそくてんい)というほどじゃないと思いますが、上の前歯が内側角度に生えています。

歯ぎしり癖か?

白鵬 歯並び

白鵬さんの前歯をアップで確認しますと、歯の先端が揃っていることに気付きます。歯ぎしり癖があり、歯が削れてしまっているのではないかと推測します。

白鵬 前歯

中切歯(中央の2本の歯)と側切歯(中央から数えて2本目の歯)の先端が一直線に揃っていますよね。

白鵬 歯

トータル、悪い前歯でもないので審美歯科治療の必要性は感じませんが、やったら第一印象はアップしそうです。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

kengo

当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。