ヨネスケ(桂米助)の前歯や歯並びを論評

ヨネスケ 出っ歯

落語家のヨネスケさん(桂米助 / 生年月日:1948年4月15日)の前歯や歯並びを論評いたします。

ヨネスケさんの前歯について

ヨネスケ 歯並び

ヨネスケさんといえばピョコンと出た前歯がトレードマークになっていますよね。画像で確認してみたら中切歯(中央の二本の歯)がビーバー歯のように長く存在感がありました。

ヨネスケ 前歯

中切歯は差し歯だと思われますが、根元の部分(歯茎)が黒く変色しているように見えます。また差し歯自体が周りの天然歯と調和していません。最新の審美歯科治療をすれば自然な前歯にすることはできるはずです。

ヨネスケ 歯

もう少し若い頃のヨネスケ師匠。ヨネスケ師匠はビーバー歯ですきっ歯だった気がしたのですが僕の思い違いだったみたいです。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

kengo

当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。