登坂淳一アナウンサーの前歯や歯並びを批評(差し歯)

登坂淳一 NHKアナウンサー

元NHKアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーとして活躍中の登坂淳一さん(とさかじゅんいち / 愛称:麿 / 生年月日:1971年6月10日)の前歯や歯並びを私見たっぷりに批評いたします。

登坂淳一さんの前歯について

登坂淳一 歯並び

麿(まろ)の愛称で親しまれている登坂淳一アナウンサーですが、白髪以上にわたしは前歯が気になります。

登坂淳一 前歯

まず中切歯(中央の2本の歯)の歯茎の位置が左右でかなりズレていますよね。左の側切歯(中央から数えて2番目の歯)や犬歯は歯茎の部分に不自然さがあります。差し歯だろうと思います。

登坂淳一 歯

NHKアナウンサーの時代は笑うことも少ないため気づきませんでしたが、ガミースマイル気味です。笑うと歯茎が見えて、前歯も目立っています。

登坂淳一アナウンサーのような前歯であっても、まともな審美歯科クリニックで治療をすれば違和感を感じさせない自然な前歯を手に入れることができます。気になるなら今すぐに審美歯科クリニックに相談しましょう。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

kengo

当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。