立花孝志さんの前歯や歯並びを批評(差し歯・入れ歯)

立花孝志 NHKから国民を守る党

本日は政党「NHKから国民を守る党」の代表、立花孝志さん(たちばなたかし / 生年月日:1967年8月15日)の前歯や歯並びを私見たっぷりに批評いたします。

立花孝志さんの前歯について

立花孝志 歯

立花孝志さんの前歯ですが、やや悪目立ちしている感がありますね。

立花孝志 差し歯

色味や形状などからして、右の中切歯(中央の2本の歯)は天然の歯なのだろうと思います。その他、左の中切歯、側切歯(中央から数えて2番目の歯)、犬歯は人工歯のようにみえます。

立花孝志 前歯

前歯は差し歯なのかな。きっとバラバラに治療をしたのだと思います。それぞれの前歯の色味や光沢や形状などが統一感がないので、目立ってしまっています。

立花孝志 歯並び

奥歯に金属による反射が確認できますが、これは部分入れ歯の「クラスプ」という金具のバネなのだろうと思います。

立花孝志さんの前歯まとめ

立花孝志さんの前歯ですが、悪目立ちしています。その都度バラバラに保険治療の範囲で治療をしていった結果なのかと想像します。

2019年に参議院議員に当選したことで、これまで以上に注目度をましているので、お忙しいとは思いますがこのタイミングで前歯をリニューアルするのも賢明かと思います。

最新の審美歯科治療をすれば、違和感を与えるような前歯からは卒業できるはずです。

SPONSORED LINK

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    kengo

    当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。