妊娠時の定期健診でお説教と歯のクリーニング

2人目を妊娠し、つわりがすごくひどかった頃、歯医者から定期健診の案内のはがきが届きました。

今はつわりがひどいので、つわりが治まったころに歯医者に行こうと思い、つわりが治まって歯医者に行くまで、歯磨きもしっかり磨いていませんでした。

定期健診は歯をしっかり磨けているかをチェックするのですが、私は、歯をきれいにしてもらおうと思ってあえて汚いままで行ってしまったんです。

すると、私の歯の汚さに、歯科衛生士の方から「ちゃんと磨いてるの?」なんていやみに説教されてしまい、妊娠している事をなかなか言うことができず、長々と言われ続けられることに、さすがにストレスもたまり始めたので、「つわりも治りかけなのでそろそろいいですか?」なんて言ってしまいました。

そこで、ようやく私が妊娠している事を言うことができると、私の歯が汚いことも納得してくれて、しっかり歯をクリーニングしてくれました。

白くなった歯はすごく生き生きして見えました。

私がいつも歯医者に行くと、必ずと言っていいほど、筧利夫さんのポスターを見るのです。すごく歯がきれいと思うのと、彼の大ファンなのでポスターを見てすごくうっとりしてしまいます。

妊娠中は女性ホルモンが増えるため、虫歯や歯周病や口臭や口内炎など様々なトラブルが発生する可能性が増えるそうです。

つわりがひどいと歯ブラシを口に入れると気持ち悪くなることもあるそうです。対策としては小さ目の歯ブラシを使うことです。また歯ブラシが辛い場合はリステリンなどのデンタルリンスでうがいをするだけでも口内環境の悪化を防ぐ効果があるみたいです。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

kengo

当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。