安田顕さんの前歯や歯並びを批評(12本を差し歯に)

安田顕 俳優

本日は俳優ユニット「TEAM NACS」のリーダー、安田顕さん(やすだけん / 生年月日:1973年12月8日)の前歯や歯並びなどを私見たっぷりに批評いたします。

安田顕さんの前歯について

安田顕 歯

安田顕さんはとてもキレイな前歯をされていますね。ただし前歯12本が差し歯のようです。

安田顕 歯並び

安田顕さん差し歯事情について書いてあるファンブログがありました。

2001年、鈴井貴之さんの映画監督第一弾作品「man-hole」の主役に抜擢された際に歯を治した方が良いとアドバイスを受けて、上下12本を差し歯にしたそうです。

差し歯治療をする前の歯並びをチェックしたかったのですが、前歯が判別できる画像や動画は確認できませんでした。元々それほど歯並びが悪かったわけでもないとの情報もあります。

ひとつ言えるのは、安田顕さんの差し歯は「ものすごく出来がいい」ということです。要するに自然です。よく見れば人工歯だとわかりますが、一般の人には一切違和感を与えないでしょう。

2001年に治療をしたきりなのでしょうかね。その後に差し歯をリニューアルしたのでしょうか。差し歯の質は2001年からだいぶ進化しています。2001年に治療したきりだとしたら間違いなく名医ですね。担当した歯科技工士と歯科医師を教えてほしいくらいです。

安田顕さんの前歯まとめ

安田顕さんは2001年に上下12本を差し歯にしたそうです。差し歯のクオリティは非常に高く、一般の人には天然の歯だと思うはずです。引き続きデンタルケアをして素敵な笑顔をキープしていただきたいです。

SPONSORED LINK

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    kengo

    当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。