遠藤保仁選手の前歯や歯並び

ガンバ大阪所属でサッカー日本代表の遠藤保仁選手(えんどうやすひと / 生年月日:1980年1月28日 / 愛称:ヤット)の前歯や歯並びについて批評します。

遠藤保仁 歯並び

遠藤選手の前歯ですが、中切歯(中央の2本の歯)が左右でズレています。左の中切歯には虫歯治療の詰め物が入っていて変色してしまっています。保険の詰め物だと思われますが、5年ほどで変色してくるんです。変色しにくい保険外の審美歯科治療をしたらいいかなって思います。

遠藤保仁 歯並び

上顎左の中切歯と側切歯(中央から数えて2本目の歯)の間には小さな虫歯のような変色が確認できます。

遠藤保仁の前歯

遠藤保仁選手は歯並びが悪いですね。奥歯に銀歯があるようです。遠藤選手は前歯がちょっと出ていて、それがチャームポイントみたいな感じになっています。前歯が出ているキャラクターの「ガチャピン」に似ていると言われていて、何かの企画でガチャピンと遠藤選手のツーショットで並んだりしていました。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

kengo

当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。