健康な歯を維持する為に大切な定期検診

私は、子供の頃から歯医者さんが大の苦手でした。

でも、生まれつき歯が弱い為に、学校で検診があった時には必ず何本かの虫歯が見つかってしまい、歯医者通いをしていました。

でも社会人になると、矯正的に歯科検診を強いられる事がないので、何年も歯医者に通っていませんでした。

ある時、顔が腫れてしまう程虫歯が痛んでしまう事があり、仕方なく歯医者に行ったんです。検査した結果、10本もの虫歯が見つかりました。その時、思い切って虫歯を全部治してしまおうと決めました。

歯医者に1年以上通って、虫歯を全部治し、今では、歯磨きの後に、デンタルフロスや、ウォーターフロスを必ず使うようにしています。そして、半年に1回の歯のクリーニングと検診に必ず通っています。そのお陰で、今のところ虫歯がない状態です。

歯科医に聞いたんですが、歯磨きの後にデンタルフロスを使う事は、虫歯予防にとても効果があるそうです。デンタルフロスを使っているかいないかで、かなりの差がでてくるそうです。

年齢を重ねると、どうしても歯が弱くなり、いろいろなトラブルが出てきます。でも、いつまでも自分の歯で食事をしたいですよね。それに、歯は人の印象にも影響します。これからも定期検診を欠かさないで、歯には気を使うようにしようと思っています。

投稿ありがとうございます。虫歯の自覚症状がなくても半年に一回くらいは歯のクリーニングを名目に歯科医院に行くべきですね。しっかり歯磨きしているつもりでも歯石ができてたりしますし、虫歯の早期発見につながりますからね。あと歯ブラシでは届きにくい歯と歯の間を掃除するのにデンタルフロスは有効ですよね。僕なんかはデンタルフロスが気持ち良くて好きになりつつあります(笑)。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

kengo

当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。