立本信吾アナウンサーの前歯や歯並び(変色)

立本信吾アナウンサー 前歯

フジテレビの立本信吾アナウンサー(たてもとしんご / 生年月日:1986年3月8日)の前歯や歯並びを評論いたします。

立本信吾アナウンサー 虫歯

立本信吾アナウンサーの前歯ですが、とにかく中切歯(中央の2本の歯)が目立ちます。

立本信吾アナウンサー 歯並び

中切歯が長くビーバー歯になっています。さらに言うと、右の中切歯に「コンポジットレジン」という虫歯の詰め物をしたあとが確認できます。コンポジットレジンは経年劣化してしまうので、五年に一回だとか詰め替える必要があります。立本アナはテレビ画面越しに変色が確認できちゃうレベルなので今すぐに歯科医院に行くべきだと思います。

立本信吾 捻転歯

左の側切歯(中央から数えて2本目の歯)が少し捻転しているようです。

立本信吾アナウンサー 歯

下顎の前歯の歯並びは悪くないようです。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

kengo

当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。