ステフィン・カリー選手の前歯や歯並び(すきっ歯)

「マイケル・ジョーダンを超えてバスケットボール史上最高の選手」とも評されているステフィン・カリー選手(Wardell Stephen Curry II / 生年月日:1988年3月14日)の前歯などを評論します。

ステフィン・カリー すきっ歯

ステフィン・カリー選手の前歯ですが、中切歯(中央の二本の歯)のすきっ歯が印象的です。

stephen-curry 歯並び

中切歯、すきっ歯ですよね。歯と歯の間に隙間があります。また上の写真だと左の側切歯のVの字ラインに小さな隙間(ブラックトライアングル)があるようです。

ステフィン・カリー 前歯

前歯全体が少し小さめな気もします。子供みたいな前歯です。

ステファン・カリー マウスピース

バスケットボールの試合中はマウスピースを着用しています。

ステフィン・カリー

ステファンカリー選手はマウスピースを横に出して噛む癖があります。カリーの代名詞的なショットかもしれません。かっこいい。

ステファン・カリー

最後にステフィン・カリー選手について軽く紹介しておきます。カリーは漫画キャラのように3ポイントシュートを決める選手です。3Pシュートは普通ジャンプして一番高いところで打ちますがカリーはジャンプせずにクイックシュートでも鬼のように決めます。3Pラインの2メートル後ろとかからもバシバシ決めます。だからマークしても意味ないんです。

どれくらい3Pシュートを決めてるかというと、それまでプレーオフでの3P得点記録はレジー・ミラーという伝説的な選手の58本だったんですが、カリーは98本決めて記録を更新しました。シーズン通しての3P得点記録もカリーが持っていて14-15シーズンに273本の3Pシュートを決めNBA記録を作るんですが、今シーズンは402本の3Pシュートを決めて自身の記録を更新しました。300本超えるか注目されてたら400本超えです。もはや意味がわかりません。

しかもカリーが所属するゴールデンステート・ウォリアーズは強すぎるため途中で試合が決まるとカリーは休むんですよね。第四クウォータを休んでいる試合が17試合もありました。それでも得点王だし3P記録を大幅更新です。もはや宇宙人です。当然のごとくカリーは史上初の満票でMVPを受賞。2年連続のMVPに輝きました。

ウォリアーズにはカリーを除き歴代2位の3P記録を持つクレイトン・トンプソンもいます。つまり3Pシュートを鬼のように決める選手が2名いるわけです。普通は手詰まりになった時に3Pシュートを狙うんですが、ウォリアーズは「まず3Pシュートを狙う」というクレイジーなチームです。3Pシュート主体にしてNBAを優勝したチームは過去にありませんでしたが優勝しちゃいました。しかも2015-16シーズンにはマイケル・ジョーダンを擁した1995-96年のシカゴ・ブルズを抜くシーズン史上最多73勝(9敗)を達成します。歴代最強のチームとなったわけです。

カリーの出現によってバスケットボールというスポーツが大きく変わりました。もはや高身長の選手は不可欠ではなく「スモールラインナップ」で勝てることを証明してしまいました。去年のファイナルには両チームともにセンターがいないんですもん。サッカーの世界にヨハン・クライフという伝説的な選手がいます。「トータルフットボール」という概念を生みサッカーの進化を20年早めたと評されているのですが、カリーはクライフのようなものです。バスケットボールというスポーツを変えてしまった選手なのです。

SPONSORED LINK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る