クラウン(差し歯・被せ物)治療についての基礎知識

虫歯などで歯の表面に問題を抱えた際に人工の歯冠(表面に出ている部分の歯)を作って被せる治療法を「クラウン」と言います。以前は、歯冠を削り、歯の真ん中に穴をあけて歯根部分に心棒のついた人工の歯を埋め込む「ポストクラウン」という治療が数多く行われていましたが、現在では歯根部分に一度人工の土台(コア)を埋め込んで、そこにクラウンを被せる治療法が主流になっています。

クラウンは取り変えが可能です。保険治療で認められている「硬質レジン(保険適用は前歯だけ)」という歯科用のプラスチック素材で出来たクラウンは5年ほどで変色するとされているので、変色したらクラウンを取り替えるという選択もアリかもしれません。

ただしクラウンを取り外す際に土台(コア)に負担を掛けるケースも多く、歯の健康のことを考えると頻繁にクラウンを取り替えることは良いことではありません。

注意書き

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

kengo

当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。