黒田博樹選手の前歯や歯並び(差し歯)

ニューヨーク・ヤンキースから広島カープに復帰した黒田博樹選手(くろだひろき / 生年月日:1975年2月10日)の前歯や歯並びを画像を交えながら評論しております。

黒田博樹 新人時代

上記は広島カープで新人時代の黒田博樹選手です。今と前歯がだいぶ違っているのがわかります。

黒田博樹 八重歯

元々の黒田選手の歯並びを見てみると、右の糸切り歯(犬歯)が八重歯気味になっており、左右の側切歯(中央から数えて2本目の歯)が奥に入り込んでいました。

黒田博樹 前歯の写真

現在の前歯はとても綺麗ですね。歯並びも改善されました。歯の形状や歯茎の位置など考えて差し歯の可能性が高いと考えます。いつの段階で前歯をリニューアルしたかは不明ですが、1997年に広島カープからロサンゼルス・ドジャースに移籍する時点では現在の前歯になっていました。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

kengo

当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。