岩崎恭子さんの前歯と歯並び(歯列矯正済み)

当時14歳で臨んだ1992年のバルセロナオリンピックで競泳女子200m平泳ぎで金メダルを獲得した岩崎恭子さん(いわさききょうこ / 生年月日:1978年7月21日)の前歯と歯並びについて画像を交えつつ解説していきます。

岩崎恭子 バルセロナオリンピック金メダリスト

岩崎恭子さんがバルセロナ五輪で金メダルを獲得した当時は歯並びが乱れていたようです。右の犬歯が八重歯気味だったみたいです。

岩崎恭子 競泳

岩崎恭子さんの現在の前歯は、歯並びが整えられています。どうやら歯列矯正をされているようです。ただ、中切歯(中央の2本の前歯)が左右で角度が微妙にズレているように見えるのが少し気になります。

岩崎恭子 前歯

2000年に開催されたシドニーオリンピックの聖火リレーの際に歯列矯正をしながら走っていたという情報がありましたが、歯列矯正をしているその写真は見つけられませんでした。

SPONSORED LINK

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    kengo

    当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。