歯が痛くなくても歯医者に行っています

私は子供の頃に歯に関して無頓着で、歯磨きを時々しかしてなかったのです。

その所為で虫歯が沢山出来てしまい、激しい痛みを伴うようになってしまいました。

歯医者さんに虫歯を全部治してもらったのですが、かなりの時間を要する事になりました。

麻酔注射の痛み、歯を削るドリルの音と振動など、苦痛とも言える思いを長くすることになりました。

こんな思いを二度としたくはないと思い、私は心を入れ替えて歯のケアに力を入れるようになったのです。

三度の食事の後に歯を磨くのはもちろんの事、おやつを食べた後や寝る前にも歯を磨くようになりました。また歯の磨き方にも注意を払う事にしました。

それまでは適当にごしごし磨いていたのですが、歯の正しい磨き方を勉強して、その通りに実践する事にしたのです。

歯磨きに要する時間は前よりも大幅に掛かるようになってしまいましたが、隅々まで歯がきれいになって、すっきりするようになりました。

それでも歯垢などが付着してしまう事がありますから、歯医者さんに行って、定期的に歯垢を取ってもらっています。

それまでは歯医者には歯が痛くならない限り行くことはありませんでしたが、今では歯が痛くならないように予防の為に歯医者を訪れています。

投稿ありがとうございました。虫歯がなかったとしても半年に一回くらいのペースで歯科医院に通っていれば安心ですよね。クリーニングの際には磨き残しがある部位が分かるので歯ブラシの癖も指摘してくれます。虫歯を初期段階で発見できますし歯周病予防も指導してくれるので助かっています。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

kengo

当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。