ガリー・ケーヒル選手の前歯や歯並び(差し歯)

ガリー・ケーヒル チェルシー

今回はチェルシー所属でイングランド代表のサッカー選手、ガリー・ケーヒルさん(Gary Cahill / 生年月日:1985年12月19日)の前歯や歯並びについて私見を交えて評論します。

gary cahill teeth

上の写真はケーヒル選手がボルトン・ワンダラーズに所属していた時のものです。前歯を確認すると側切歯(中央から数えて2本目の歯)が奥に入り込んでいるのがわかります。

gary cahill teeth

この写真もボルトン・ワンダラーズ時代のもの。際立って歯並びが悪いというわけではありませんが、「きれいな前歯」ではありません。

ガリー・ケーヒル 歯並び

そして現在のケーヒル選手の前歯を確認すると極めてきれいにリニューアルされています。ぼくが調べたところ2011年、ボルトンに在籍時に差し歯治療をしたようです。

ガリー・ケーヒル 差し歯

上の歯4本が差し歯です。とてもキレイな前歯ですね。差し歯だと言われればわかるかもしれませんが、不自然な感じはしません。レベルの高い差し歯です。

gary cahill teeth

歯の色も全体的に白くホワイトニングをしているんでしょうね。白くて清潔感のある前歯です。ケーヒル選手並みの差し歯を望むなら保険治療では無理です。保険外を覚悟して審美歯科クリニックに相談してください。

SPONSORED LINK

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    kengo

    当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。