エナメル質形成不全とは?

エナメル質形成不全とは?

エナメル質形成不全とは、何らかの先天的な理由で歯の表面を覆っているエナメル質が正常に作られない症状のことを言います。エナメル質形成不全の歯は白い斑点のようなものが発生します。

軽度のものを含めると決して珍しい症状ではなく、日本人の10%程度の人がエナメル質形成不全であるという報告があるほどです。本人の不摂生や歯ブラシの不徹底などとは関係なく発症すると言われています。僕もエナメル質形成不全でした。前歯の一部が白かったんです。

エナメル質形成不全の問題点として、まず挙げられるのは見た目です。歯の一部だけ白くなることで審美的な問題が発生します。重度のエナメル質形成不全の場合ですと、本来は歯を覆っているエナメル質の下にある象牙質が露出してしまいます。象牙質は黄色がかった色をしているので外見上の違和感は更に増してしまいます。

外見の問題だけではなく、エナメル質形成不全は虫歯になりやすいという特徴があります。従って、虫歯治療のように削って詰める歯冠修復処置がとられることも多いようです。

 

エナメル質形成不全の治療法は?

エナメル質形成不全の治療法は明確には確立していないようです。現実問題としては、治療ではなく対処ですね。虫歯のように削って詰める歯冠修復処置、歯の表面を薄く削って薄いセラミック製のシェルを貼り付けるラミネートベニア法、白い部分を目立たないように全体を白くしてしまうという考え方でホワイトニングなども実施されています。一番無難なのはホワイトニングでしょうか。

ラミネートベニア

エナメル質形成不全でお悩みでしたら複数の歯科医院の話を聞いてください。1人の歯医者さんの意見でどう対処するかを決めるのはお勧めしません。街にある普通の歯科医院では虫歯と同じような歯冠修復処置を採用される可能性が高いです。

それが悪いというわけではありませんが、歯を削らないホワイトニングなども選択肢として入れるべきだと思います。ホワイトニングやラミネートべニアは街の歯科医院では対応していないことが多いです。ですから選択肢として提示もされない可能性が高いです。

僕もエナメル質形成不全でした。僕は虫歯もあって結局差し歯にしたんですけどね。もし、あなたが歯の一部が白くなるエナメル質形成不全でお悩みなら、審美歯科も含めて複数の歯科医院で話を聞いてベストな選択をしてください。

 

エナメル質形成不全かもしれない有名人

当サイトではエナメル質形成不全の可能性を感じる有名人を数多く取り上げております。エナメル質形成不全タグにて参照してください。

 

注意書き

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

kengo

当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。