バナナマン日村勇紀さんの歯抜け前歯からインプラント治療後を解説

お笑いコンビ「バナナマン」の日村勇紀さん(ひむらゆうき / 生年月日:1972年5月14日)の前歯や歯並びについて私見たっぷりに解説しております。

日村勇紀の治療前の前歯

元々日村さんは元々歯並びが悪く、歯磨きがしにくいというハンデがあった訳ですが、無精も重なって虫歯だらけでした。

バナナマン 日村 前歯

前歯はパッと見で虫歯だからけでした。

バナナマン 日村 奥歯

前歯だけではなく奥歯も酷い虫歯で抜けてしまっていました。

バナナマン 日村

とにかく口内は不潔な状態だったのですが、一念発起して歯を全面リニューアルしたようです。

バナナマン 日村の前歯

『Q&Aでわかる「いい歯医者」2013』という雑誌に日村さんのインタビューが掲載されていたんですけど、虫歯をずっと放置しっぱなしでいたら奥歯がどんどん抜けてしまい、奥歯が5本抜け落ちていたそうです。それでも放置していたのだけど、お笑いライブの本番2日前に前歯が抜けてしまったことで歯科医院に行ったそうです。今は上の歯10本、下の歯5本がインプラントだそうです。

バナナマン日村 インプラント

テレビ番組では「高級外車並みの治療費を費やした」と、日村さんご自身が話していました。治療費は500万円以上とも噂されていますが、僕が調べた限りだと500万円という数字はかなり近いと思います。上記の雑誌の中で日村さんは「KU歯科クリニック青山」で治療を受けていると話しています。

バナナマン日村 インプラント前歯

KU歯科の料金表を確認するとインプラント1本30万円と記載されています。日村さんは15本のインプラントを入れたということですから単純計算で450万円です。インプラント以外にも歯周病治療をしていたり差し歯をしているようなので、治療費の総額は500万くらいになるはずです。

バナナマン 日村 黄色い歯

インプラント治療の過程での仮歯だったのか2012年頃は異様に黄色い歯でした。歯科医師がなぜこの色でセットしたのか意味不明です。

バナナマン 日村 出っ歯

現在のインプラント前歯ですが、やはり形状が天然の歯とは違っていて違和感を覚えてしまいますね。出っ歯気味です。

バナナマン 日村

ここ数年のバナナマンの勢いはスゴイです。日村さんの歯科治療と時を同じくしているように感じます。有吉さんのすきっ歯でさえも編集で修正してしまうテレビ業界ですから、日村さんの不潔な歯のままではスポンサーがCMに起用することもなかったんでしょう。高額な治療費をかけて結果的に良かったですね。

ちなみに、相方の設楽さんの前歯も紹介しています。
 

SPONSORED LINK

5 件のコメント

  • インプラント義歯にもリスクがあります!理解しないでいると怖いです。インプラント義歯・歯周炎です。普通の歯周炎より数段早く進行します。自分の通う歯科医からは薦められないと言われました。

    • 骨が吸収しているのでどうしても歯冠が長くなってしまいます。人工の歯肉をつけて歯冠を短くする事も出来ますが清掃性がかなり落ちますのでインプラント周囲炎になると思いますよ。
      歯のデザインが今風ではないので年配の技工士が製作したのではないでしょうか

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    kengo

    当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。