アンディ・マリー選手の前歯や歯並びを批評

スコットランド(国籍はイギリス)出身のプロテニスプレイヤー、アンディ・マリー選手(Sir Andrew Barron “Andy” Murray / 生年月日:1987年5月15日)の前歯や歯並びについて私見たっぷりに書いてみます。

アンディ・マレー

リオオリンピックで金メダルを獲得し、2017年4月現在、世界ランキング1位のアンディ・マリー選手の前歯ですが、左右の犬歯が長く存在感があるのが印象的です。

Andy Murray

犬歯が長く大きいだけではなく、側切歯(中央から数えて2本目の歯)が小さめなのも特徴的です。矮小歯(解剖学的に普通よりも明らかに小さな歯)と呼べるかは微妙ですが、一般よりか小さいように見えます。

Andy Murray teeth

また若干ですが、中切歯(中央の2本の歯)の間に隙間があるように見えます。すきっ歯気味のようです。

Andy Murray teeth

余談ですが、2012年のUSオープンで優勝したあとにアンディ・マレー選手は歯磨きの際に間違えて顔のクリームを使ってしまったそうです。妻のキム・シアーズさんがインタビューで言っていました。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

kengo

当サイト管理人。東京在住の31歳。2013年8月に地元の歯科医院で保険の差し歯を入れるも衝撃的な出来栄えにショックを受け、保険外の差し歯を入れることを決意。5つの審美歯科の訪問・歯茎整形・オールセラミック差し歯などの実体験を公開しています。詳細は「僕の差し歯治療体験記」をご覧ください。